知らないと時間は節約できない?重要な3つの考え方

どうも、チャックです。(詳細なプロフィールはこちらから)

突然ですが、時間を節約するために何が必要だとおもいますか?

食洗器?
レストランのテイクアウト?

様々だと思いますが、一番重要なのは「考え方」なのです。

この記事では、考え方が重要な理由と「これだけは覚えてほしい!」という、
3つの考え方について紹介していきたいと思います。

この記事を見るだけで時間節約の極意がわかるので、
ぜひ最後まで見ていってくださいね。

考え方が重要な理由

実は時間に対しての考え方が時間を節約できるかどうかを決めています。

時間の節約というのは、時間をなるべく有効活用することです。
その有効活用する方法を知らないと、あり余る時間があったとしても、
なにもせずに過ごしてしまいます。

僕が時間節約の考え方を知らなかったときによくあったのは、

せっかくの休日を、ご飯を食べて家で寝るだけになってしまい、
夜になってから「あれしたかったのになぁ」と後悔する。

というパターンです。

時間があっても、したいことをしない。

これが1番時間を無駄にしてしまっているのです。

なので、最初に知るべきなのは「時間を増やす方法」ではなく、
「時間を有効活用する考え方」なのです。

時間を有効活用する3つの考え方!

さっそく「時間を有効活用する3つの考え方」を解説していきます。

まず1つ目は「無駄な時間をなくす」です。

2つ目は「できる限り1番したいことからする」です。

3つ目は「無理をしない」です。

これからそれぞれを詳しく解説していきたいと思います。

無駄な時間をなくす

そもそも「無駄な時間」ってなんだと思いますか?

価値観によって違うと思いますが、僕の例をあげると、

「ダラダラと目的もなくスマホを触ってしまう」
「余計なことばかりを考えてしまう」などです。

無駄な時間を誰にでも当てはまるように言い換えると、
「やりたいこと以外の事をしている時間」です。

やりたいことをしてたら楽しいです。
楽しい時間は人生を豊かにしてくれているので無駄ではないと思います。

しかし、本来やりたいことができたはずの時間を、
他の事に使ってしまうと、いつの間にか寝る時間になってしまいますよね。

無駄な時間を無くして、したいことをすれば自然と毎日が楽しくなりますよね。

やらなければいけないことを最低限済ませたら、
なるべく早く自分のしたいことにとりかかるようにすると、
無駄な時間をなくすことができます。


できる限り1番したいことからする

1番したいことはなんですか?

趣味、お出かけ、睡眠、友人と会うなどなどいろいろあると思います。

いまできることの中で1番したいことをすれば、
その時間を1番楽しむことができますよね。

しかし、人はより手軽にできるものに吸い寄せられがちです。
スマホを開いてツイッターをみたり、
Youtubeを見たり…

しかしこういったものはその瞬間は楽しく思えても、
1時間がいつの間にか過ぎているのを見て、
心に穴が開いたような気分になったりしてしまいますよね。

それは、充実感がなく満足できないからです。

1番したいことをしないと、
「あれがしたかったのになぁ…」と思ってしまうので、
満足できないのです。


無理をしない

実はあまり知られていませんが時間節約のためには休息が必要です。

というのも、1日の活動量には限界があるからです。
そして活動量の限界は「休んだ量」が関わってきます。

もし、「今日疲れたな~」という時はしたいことをしても、
楽しめることができなくなったり、
余計疲れて翌日に支障がでたりしてしまいます。

いつもより疲れた日は無理に他の事をせずにささっと寝てしまうといいです。

特に次の日が休日の場合、朝から動くために早めに寝る。
という風にすることで、より集中して早い時間帯からしたいことができます。

休息を入れなかった時の1時間より、
休息を入れて集中した時の1時間の方が楽しいですよね。

1時間をより濃密な時間にするのも「時間の効率化」になります。

せっかくの休日を体調を崩して終わりたくもないと思いますので、
しっかり休むのも大事です。

最後に

この記事で覚えていただきたいことは3つの考え方と、
「スマホは敵」ということです。

上の方でも書きましたが、
人は手軽なものに吸い寄せられてしまいます。

重いものと軽いものなら、軽いものに。
難しいものと簡単なものなら、簡単なものに。

スマホは軽く、簡単で、色々できる。
つまり手軽でそこそこ楽しい道具なのです。

「手軽でそこそこ楽しいスマホ」は、
「ちょっとめんどくさいけど最高に楽しい趣味」より先に触り始めてしまいます。

このブログの記事ではそれを脱却する方法なども載せていきます。

ぜひブログをブックマークしておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー