チャックについて

初めまして!チャックといいます!
(ゲーム内、ツイッターなどではchuckclownとして活動しています)

シーズン8まではレインボーシックスシージやタルコフを中心でゲームをしていて、
APEXはシーズン9から集中して始め、シーズン10にマスターになりました。

そんなチャックのAPEXマスターになった経緯や、
ブログを始めた理由について少しお話ししていきます。

チャックがマスターになるまで

APEXは実はリリース当初に遊び始めました。
最初はPS4で遊んでいましたが、
APEX以上にレインボーシックスシージというゲームにはまっていたので、
シーズン1になったあたりから遊ばなくなり、
PCに移行して久しぶりにAPEXを付けたらシーズンは5になっていました。

それからは他のゲームにハマり、APEXでは実力試し程度にランクをちょっと回って、
ゴールド、プラチナをふらふらしていました。

しかしシーズン8になり他のゲームの経験が活きたのかダイヤになり、
「ちょっとマスター目指してみようかな」と思い、
シーズン9から本格的に動画から勉強したり、自分で研究してみたり、
エイム練習に時間を費やすようにしましたが、
なかなかダイヤ帯でランクポイントを盛ることができませんでした。

そしてダイヤ4の床を這いずって迎えたシーズン10

さらに立ち回り、撃ち合いのすべてを見直し、
ダイヤ帯でポイントを盛れるようになりました。

ダイヤ4からダイヤ3
ダイヤ3からダイヤ2
ダイヤ2からダイヤ1

そしてついに…

マスターになることができました。

マスターになるまでのプレイ時間は1900時間
とんでもない時間をかけています。

本当は誰でもなれる

僕の自慢話をブログに来てくださった方にするために、
長々と話していたわけではありません。

僕が知ってほしいのは、
マスターになるために才能は必要ない
ということです。

そしていまマスターを目指している方の中には、
「才能がないのかもしれない…」
「マスターはあきらめた方がいいかも…」

なんて思っている方がいるかもしれません。

僕もそんな中の1人でした。

ですが考えてみてください。
僕は1900時間もかけてようやくマスターになれました
それも他のゲームで培った技術と知識もありながらです。

実際にかけてる時間は5000時間ぐらいになると思います

もうおわかりですよね?

僕には才能がありません

自分で言ってて少し悲しいです(笑)

ですが、それでもマスターになれたのです。

でも、逆になぜマスターになれたのかといえば、
「必要な技術と知識と考え方をコツコツと積み上げたから」
これだけです。

これさえできれば誰でもマスターになることができます。

チャックがブログを始めた理由

僕は「本当は誰でもマスターになることができる。」
という確信を持っています。

実際、僕がコーチングをさせていただいた方には元々ゴールドだった方が、
1ヶ月でプラチナに上がり、その2か月後にダイヤに上がり、
今ではダイヤ帯の猛者と戦ってランクポイントを盛っています

僕はマスターになれずに諦めてしまう人をみて、
「もったいない…」と思うのです。

僕よりわずかな時間でダイヤに到達し、
僕より良いエイムを持ち合わせている才能のある方々が、
能力があとちょっと足りないだけでマスターに到達できず、
あきらめてしまう。

または、最近始めた方で右も左もわからない中から始めて、
ゲームの面白みに気づく前に辞めてしまう方。

楽しいはずのゲームが楽しくなくなってしまうのです。

そんな方たちを見ていて
「もったいないな」と思ってしまいます。
これからのAPEXを盛り上げていくのは、
初心者の方や向上心を持ってランクを回している方だと思います。

僕はそんな方たちの手助けをしたくてブログを始めました。

今の環境は自分に必要な知識を取ることが非常に難しいです。

例えば、立ち回りが研究したくてもうまい人の動画では、
何を意識しているかがわかりません。

解説系の動画でも、本当に自分の欲しい知識とは違い、
自分の欲しい知識を見つけるのが難しいです。

僕はそういった経験をして苦労したため、
その人自身が自分のレベルにあった知識を得られるように、
ランク帯に応じたカテゴリーを作っております。

そして僕のブログ記事を見た方が、成長して、
マスターになったり、4000ダメージをたたき出したり、
爪痕をとったりして、ゲームを楽しんでいただければな、と思っています

ブログ記事はこれからだんだんと増やしていくので、
よければブックマークなどをして楽しみに待っていただけたらと思います。

また、ツイッターのアカウントで記事更新のツイートもするので、
ツイッターもフォローしてみてくださいね。

長くなってしまいましたが、APEXを一緒に楽しんでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。