無料で乗れる会社脱出への特急列車はこちらから!

人生遠回り知らず!「ロジカルシンキング編」②

前回ではロジカルシンキングの良さについて説明していきました。(前回を見てない方は①からご覧下さい!)

今回は詳しい使い方について解説していきます!

どんな時に使える?

ロジカルシンキングはなにか問題があった時、何か始めたい時、上手くなりたいときなどに使うことができます。

あなたが突然、ダンスが上手くなりたい!となった時、

ある日友人と喧嘩した時、

仕事で問題が発生した時。

日常のあらゆる場面で使うことができます。

というのも、「ロジカルシンキング」とは考えることに全て使えるからです。

誰しもが毎日のように「あれどうしたらいいんだろう」と考えることがあると思います。

そんな時に使えるのです。

ロジカルシンキングの使い方

実際に使うにも手順があります。

その手順をご紹介します。(ここからスクショポイントです)

まず1番なりたい未来を想像します。目標ですね。

次にそうなるためにどんな方法があるのかを考えます。

その中から最も良い方法を選びます。

その良い方法が実行できなさそうなら実行するために必要なことを考えます。

その必要な事を実行する方法をいくつかあげて、1番良いものを選びます。

まとめると

0.問題発生

1.目標を作る

2.方法をいくつかあげる(又は調べる)

3.最も目標に近づける方法を選ぶ

4.実際にやろう!

(5.)できる状況にないならできない状況を「0.問題発生」にして方法を考えましょう。

ということです。

これを筋トレで例えるなら、

0.筋肉をつけたい!

1.身体が引きしまってスタイルが良くなるまでしたい

2.ジムに行く?家でやる?

3.1番良いのは「ジムに行くこと」

4.じゃあジムに通おう!

(5.)そんな時間ないよ…

(6.)諦めるor無駄な時間をなくそう……

といった感じです。

何より重要なのは理想と現実を切り離さずに考えることにあります。

理想と現実

ほんの少し話がズレますがとっっっても重要なことです。

よく「理想ばかり追い求めてないで現実を見なさい!」のような言葉を聞きませんか?

起業で〇〇万稼ぐ!や、有名になってやる!よくこんな夢を言葉で頭ごなしに否定されることがありますよね。

その瞬間は「なんでそんなこと言うの」とちょっと腹を立てたりして、後になって冷静になると「一理あるのかもなぁ…」と思ったり。

もしそんなことがあったらことがあったらこの言葉を思い出してください。

「理想を実現するために現実がある」

夢を諦めるな!などと言う根性論では決してありません。

理想に近づくには必ず方法が必要です。そしてその方法を試すのは現実です。実は真反対に思える理想と現実は完全にリンクしています。

ロジカルシンキングとはその方法を編み出す技術になります。

スポーツ選手になりたい時ロジカルシンキングでわかるのは、効果的な練習法であったり、それを実行するための道具や時間といった物です。

小さな目標から大きな目標まで、幅広く使えます

ぜひ日常で、ビジネスで活かしてみてはいかがでしょうか。