無料で乗れる会社脱出への特急列車はこちらから!

人生遠回り知らず!「ロジカルシンキング」【ビジネス用解説】

まだ見てない方はこちらを先に読むことをオススメしています。

使ってますか?ロジカルシンキング

実はロジカルシンキングを身に付けるだけで、起業して成功するまでの時間というのはグッと短くなります。

今回はこのロジカルシンキングをビジネスへ応用させていきたいと思います。

ロジカルシンキングって?

まず、ロジカルシンキングについて説明したいと思います。

ロジカルシンキングは直訳すると「論理的思考」という意味になります。これをもっとかみ砕くと「逆算思考」のことになります。

家から出る→雨が降ってるから→傘を持って行こう

これが普通の思考の仕方です。

しかし、ロジカルシンキングを使うと…

雨が降ってるから→傘を持っていこう→家を出るときに

という風に逆に考えます。

一般的な思考回路は

まず今出来ることを始めます。

うまくいかなかったら方法を変える。

「行動→問題発生→変更」の順番で考えているのです。

それに対して、ロジカルシンキングでは、

「問題発生(目標)→変更(方法を決める)→行動」の順番で考えます。

これがなぜいいかというと、目標に対して最も効果的なことがすぐわかることにあります。

正直、こういった日常の範囲内では無意識にロジカルシンキングは使ってることが多いと思います。

しかし、ビジネスのように複雑になってくると頭が混乱してしまい、ロジカルシンキングを使っていないことが多々あるのです。

例えば、

ブログを使って収益を出そうとしているとき。

最初にやるべきことはなんだかわかりますか?

1.「ブログを開設」

2.「商品を決めるor作る」

3.「ブログコンセプトを決める」

 この中から考えてみてください。

 

 

 

 

正解は「商品を決めるor作る」です。

ロジカルシンキングを使って考えていきましょう。

「ブログで稼ぐ(目標)」→「商品を設定」→「ブログコンセプトが決まる」→「記事を書く(行動)」

の流れです。実はロジカルシンキングというのは一番重要なことから決めていくものなんです。なぜこの流れが重要なのかは通常の思考を見るとわかります。

通常の思考の流れで行くと、「記事を書く」→「ブログコンセプトを決める」→「商品を決める」→「ブログで稼げる…?」

記事をとにかく書きまくってしまうと1つの記事ごとにどうしてもコンセプトが異なってきてしまいます。すると、それをもとにブログコンセプトを決めるのはどんどん困難になり、そのブログで何を伝えたいのかが、何を教えたいのかがはっきりしなくなってしまいます

なので、先にコンセプトを決める必要があるのですね。

ではコンセプトを決めるためには、何が必要でしょうか?

それが「商品」です。

コンセプトに合う商品を探すよりも、商品を決めてコンセプトを決めた方が選べる商品の幅が広がるのがわかりますか?

選べる商品が多ければ多いほど、なんでも売ることができるということです。

そして、コンセプトを作るにしても、いいコンセプトが絞られてくるので、決めやすくなるのです。

より重要なものから決めていく。

これがロジカルシンキングで重要なことです。

複雑な時は?

どうしても複雑になってしまう時がありますよね。

そんな時は「シンプル」にしてしまいましょう。

先ほどのブログの例で言えば、細かくするととても決め事が多くなってしまいます。

「ブログで稼ぐ(目標)」→「商品を決める」→「アフィリエイトにするか、自分で商品をつくるか」→「自分で作るとしたらどうやって作るのか」→「調べよう」→「ブログコンセプトを決めよう」→「ブログコンセプトの決め方がわからない」→「良い決め方を考えよう」→「ブログを開設しよう」→「サーバー、ドメインはどこがいいんだろう」→「調べよう」→「記事を書こう」→「書き方はどうしよう」………..

ほぼ永遠に続いてしまうような感じがしますよね。

こんな時は「シンプル」にしましょう。

「アフィリエイトにするか、自分で商品を作るか」から「調べよう」までのピンク色で引かれている線の部分というのは「商品を決める」ためにもう一度ロジカルシンキングを行っているのです。

つまり

「商品を決める(目標)」→「アフィリエイトにするか、自分で商品をつくるか」→「自分で作るとしたらどうやって作るのか」→「調べよう(行動)」

なのです。

このピンク色の線で引かれているというのは大筋の「ブログで稼ぐ(目標)」→「商品を設定」→「ブログコンセプトが決まる」→「記事を書く(行動)」からかけ離れてしまっていますよね。

なのでここは分けるのです。

ちなみにこんな時はペンをもって紙に書くと一気に整理されます。

僕はいつもこんな感じで書いています。

(みにくくて申し訳ないです。)

さらにこういう風に書いた紙にチェックマークを付けたりすると、どこまでできているのかが瞬時にわかったりして、とっても便利です

困ったり、詰まったときは、ペンと紙をもって、整理するととてもいいですよ。

こうすることで、たいていのことはシンプルにすることができます。

シンプルにすると?

シンプルにするといいことがあります。

・手順が簡単にわかるため考えやすい

・簡単に見えるため行動しやすい

 

実践してみる

目標を「起業して成功する」にしたとき、どのように考えられるでしょうか?

ぜひ考えてみてください。

まとめ

ビジネスにロジカルシンキングを応用すると、成功がとてつもなく早くなります。

考えるときにいつもロジカルシンキングが使えないか試すといいでしょう。

ちなみに実践の僕の解答はこちらから見ることができます。

ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。